技術・製品の沿革

精密線ばね

1950年代 耐久疲労を考慮したばね設計基準を制定
線ばね各種高速試験機開発
耐熱弁ばねを大同製鋼株式会社(現 大同特殊鋼株式会社)と共同開発
ドイツ製ばね成形機導入
1960年代 社内ばね成形機1号機完成

精密プレス

1960年代 ドイツ製フォーミングプレス機導入
工作機導入
試作開発の強化
1970年代 一貫生産体制の確立
1980年代 トランスファープレス機導入
1990年代 レーザーカット技術習得
2000年代 積層品加工開始
板金鍛造品加工開始
貴金属フープめっき開始

温度センサー

1980年代 形状記憶合金加工技術習得
バイメタル工法開発

樹脂・アッセンブリー

1980年代 樹脂成形開発開始
樹脂金型設計習得
樹脂インサート品量産開始
自動合理化設備開発開始
アッセンブリー加工開始
1990年代 超音波溶接技術習得
2000年代 海外での樹脂インサート成形品生産開始
ベトナム工場での金型製作開始

製品開発

1990年代 サーマルプロテクター開発
コンパクトホーンスイッチ開発
バックドアスイッチ開発
2000年代 アルミ樹脂一体成形ECUケース開発
ストップランプスイッチ開発
室内照明用LEDランプ共同開発