プレス製品

プレス製品

プレスとは材料の持つ可塑性を利用して、弾性限度を越えて所要の形を得る加工方法を言います。当社では大きく4種類の加工方法にて精密で多形状の製品を加工しています。

順送プレス

板材を送り出して、抜きから曲げ等1 0 数ステージを一つの金型でプレスし、精密で多形状の製品を加工できます。最近では順送プレス内でカシメ工程を設けたり、コイル板材と線材との複合加工、様々な形状を低コストにて加工する技術も保有しています。

トランスファー

単発工程を組み合わせ、製品をフィンガーで運んで加工します。ステーションを多くもっているため、深絞り(筒状)加工が容易にでき、ワーク反転装置で抜き方向が自由になる特徴を持っています。

フォーミングプレス

カム駆動の成形ツールを駆使し、自由自在の成形が可能です。また成形ツールがバラ部品に分解できるため、設計・変更対応が容易で、更に材料幅、送りにムダがないため、材料歩留りが良いという特徴があります。

冷間鍛造プレス

冷間素材をプレス機で加圧し、板厚を減少させながら、形状変形させて成形、トリミング加工を行うことにより、2部品を1部品にする事が可能です。

積層プレス品

板厚0.4~1.0mmの鉄材、電磁鋼板材を金型で成形し、自動で重ね、他の部品とのアッセンブリ加工が可能です。主にモーターのコアやヨークの部品で使用されています。

貴金属めっき品

純銅・脱酸素銅・リン青銅・真鍮・ベリリウム銅・ステンレスなどの素材に銅・ニッケル・金・錫等を組み合わせためっき処理をしています。

電気特性が高い特徴を利用し、機能めっきとして主に自動車用電気製品や家電製品に使用されています。